【概要】

 コンクリート構造物の修繕、改築、耐震補強などに関連するコア削孔、斫り工事、あと施工アンカー工事において問題となるのが切断事故です。この事故を未然に防ぐため、当社では専門の資格者が探査を実施し、鉄筋、電気配線管、ガス管、水道管などの位置とかぶり厚を調査致します。

9074cb86390556de78e6e77eebb96e0c.png
ストラクチャ本体.jpg
ユーティリティスキャン スマート.jpg

【調査内容】

・電磁波レーダによる探査

・電磁誘導法による探査

 状況に応じてオプションユニットで精度の高い調査を実現!!

 ①電線管判別ユニット AC Line Trac

 電線管判別ユニットは、最新型電磁波レーダ「ストラクチャスキャン SIR-EZ XT」の前部に取り付けることにより、活電線(電流が流れている電線)を即時に探査することができるオプションユニットです。

活電線からの信号は、下記右図に示すようにレーダ探査画面上に水色(緑色)の線で示されることから、そのピーク値と一致する山形波形を活電線管と判断します。
このユニットを取付けることにより、これまで判別が難しかった活電線の判別が容易になり、電線切断事故を防ぐことが可能になります。

sir-ezxt_11.jpg
sir-ezxt_12.jpg
211027_ACLT注意書き(1).jpg

 ②超小型キューブアンテナ

 XTのハンドルを付け替えるだけで使用可能です。工場配管下や入隅、狭所、壁際の探査に活躍致します。

sir-ezxt_cube_04.jpg
sir-ezxt_cube_02.jpg
sir-ezxt_cube_01.jpg
210224_キューブアンテナチラシ_ol-02.jpg

 ③道路、壁の検査に最適な遠隔操作ボタン付きエクステンションポール(延長ポール)

 ハンドル着脱機能により、専用エクステンションポール(手元操作機能付き)が取付可能。

地面、壁面、高所探査が容易になります。

sir-ezxt_04.png

【調査風景】

IMGP0038.jpg
IMGP0002.jpg
探査状況.jpg