【概要】

 耐力度調査は、公立学校施設における建物の構造耐力、経年による耐力・機能の低下、立地条件による影響の3点の項目を総合的に調査し、建物の老朽化を総合的に評価するものです。

 現地調査を行い、所要の耐力度点数評価に必要な基礎データを提供致します。

【準拠図書】

・公立学校建物の耐力度調査実施要領及び公立学校建物の耐力度調査説明書

【調査内容】

RC造、SRC造の現地調査

・コアによるコンクリート圧縮強度確認

・はつりによる鉄筋の腐食、中性化深さ、かぶり測定

・躯体のひび割れ確認(モルタル除去必要)

・不同沈下量測定

S造の現地調査

・筋かいのたわみ確認

・鉄骨の腐食度確認(主要構造部材、非主要構造部材)

・非構造部材の危険度確認

・不同沈下量測定

CB造の現地調査

・シュミットハンマーによるコンクリートブロック強度確認

・コンクリートの中性化深さ、かぶり測定

・充填コンクリートの中性化深さ、かぶり測定

・鉄筋の腐食確認

・コンクリート、コンクリートブロックのひび割れ確認

・たわみ量測定

・不同沈下量測定

W造の現地調査

・木材の腐朽度調査

・基礎のひび割れ、傾斜の測定

・部材の傾斜、たわみ測定

・床鳴り、振動有無の確認

・火災の被災経験の確認

・雨漏りの確認

【調査風景】

3333.jpg
DDD.jpg
1.jpg