【概要】

 浸透探傷試験(PT:Penetrant Testing)は、きずの中に浸透した赤色や蛍光色の浸透液を、毛管現象を利用して表面に吸い出し、指示模様として視覚化させる試験方法です。

 この試験は、鋼などの金属材料に限らず、ガラス、セラミックスなどの非金属材料に対しても適用が可能であり、他の試験方法に比較して特に大がかりな装置を必要とせず、手軽に試験を実施できます。また、表面に開口した欠陥であればその形状や方向性に関係なく、一度の探傷で全ての方向の欠陥が検出できる利点があります。

PT指示模様.jpg

【対象欠陥】

・表面に開口した欠陥(割れ、ピンホール)

【メリット】

◎携帯性がよい

◎経済性がよい

◎試験結果の評価が容易

◎照明以外の電源が不要

◎欠陥の形状や方向性の影響がない

【デメリット】

△コーティング、スケールなどの

 表面状態では適用不可

△試験前後の洗浄が必要

△浸透後の過洗浄や洗浄不足に注意

                    

      浸透探傷試験 原理図     

【適用】

・建築、土木構造物

・配管・弁類

・エンジン部品

・クレーン・圧縮機

・圧力容器・熱交換器

・ボイラー・タービン

【検査風景】

DSC05767.jpg
現像.jpg