【概要】

 耐震性能の判定に必要な建物の実態を把握するために現地調査を行います。S造の場合、主に目視、実測、超音波探傷試験を行い、設計図書との整合性の確認を実施致します。

 設計図書が存在しない場合は、別途調査が必要となります。

【準拠図書】

・耐震改修促進法のための既存鉄骨造建築物の耐震診断および

 耐震改修指針・同解説(一般財団法人日本建築防災協会、

 国土交通大臣指定耐震改修支援センター)

無題.jpg

【調査内容】

図面照合調査(建物スパン、部材寸法、増改築の有無等)

接合部調査(ボルトの種類、本数、ピッチ等)

溶接部調査(超音波探傷器による内部調査、隅肉サイズ等)

柱脚部調査(柱脚の形状、寸法、基礎等)

外観劣化調査(建物内外部)

非構造部材調査

【調査風景】

2.jpg
8.jpg
1.jpg